就職・転職お役立ちサイト

若者の就職支援

若者の就職支援

ニートという言葉が一般的になってかなりたちます。

 

職のない若者を支援するために、国も様々な政策を行っているようです。

 

本当は働きたいけれどどうしたら良いか分からず引きこもりとなってしまっている若い人がたくさんいます。
若者が仕事を得て元気に働き、日本経済の屋台骨となれるよう、行政は色々な支援策をつくり、若者の就職を手伝ってきています。その一つとして、サポステと呼ばれる機関が全国につくられています。
地域サポートステーションが正式名称で、若者の就労を支援します。
15歳から39歳が対象年齢で、その地域に住んでいる若者に支援サービスを提供しています。

 

いずれも仕事の悩みを持っている人たちです。
厚生労働省から委託を受けた全国の若者支援の実績があるNPOや株式会社、財団法人、学校法人などが実施しています。
キャリアコンサルタントのような専門的な知識を持つ人が、相談を受けています。一人ひとりに合った支援メニューを作成し就職支援もしてくれます。

 

メンタル面の支援が必要な人には臨床心理士がカウンセリングを行っています。
対人関係スキルを高めるためにグループワークを行ったり、履歴書の作成や面接の練習をサポートしたりもします。
仕事をしているところに行き、見学や体験を通じて就労へのきっかけをつくるという取り組みも行われています。

 

本人だけでなく、保護者との説明会やセミナーなどもあります。
費用をかけずに、必要なサービスは無料で利用できるといいます。
就職に悩む若者や家族は一度サポステの就職支援を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。


ホーム サイトマップ